保険相談 コツ

保険の無料相談サービスを 有効活用するために 気を付けたいこと

保険相談


保険の相談は、専門家にするのが得策。でも、こんな不安から 躊躇していませんか?
「売込み営業されるんじゃないかな」、 「1回相談したら 断りにくそう」、
「うまく丸め込まれて 余計な保険に加入してしまったりしないかな」


せっかくの無料相談サービス。有効活用するために、事前に考えておくべきポイントを まとめてみました。

1.自分の目的や状況を確認しておく
保険の相談をする前に、何のために 相談したいのか を、はっきり確認しておきましょう。
例えば、
   ・毎月の保険料を 5万円以下まで減らしたい
   ・子どもができたので 保険金額を見直したい
   ・60歳まで死亡保障を確保、その後 積立てた資金を 他に使いたい
目的に合わない保険は、勧められても キッパリ断れば良いのです。
目的が あやふやだと、ついつい話に流されてしまうかもしれません。
そうならないために、相談目的を ハッキリ確認しておきましょう。


2.自分と しがらみ関係のない相談相手を 選ぶ
ご近所や親戚に 保険会社の人がいても、その人に 相談するのは おすすめしません
加入を勧められると、断りにくくなる場合が 多いと思います。
断ったとしても、気まずい思いをするでしょうから、最初から相談相手に選ばないのが吉です。


3.保険会社1社専属ではない 専門家に相談する
保険会社で、保険相談の コンサルタントを 売りにしている所も ありますが、
最終的に 勧めてくるのは その保険会社の商品になるはずです。
相談相手は、複数の保険会社の商品を知っている 専門家を 選ぶべき です。


4.紹介機関に 専門家を 紹介してもらう
人づて以外で 相談相手を 探すなら、街の保険相談ショップに直接出向くか、紹介機関を使うか、の どちらかだと思います。
おすすめなのは、紹介機関の利用。なぜなら、紹介機関がチェック機関として働くから です。
紹介機関は、自分たちの評判を守るため、紹介する専門家の質を チェックしています。
万一、強引な営業を受けた場合でも、紹介機関にクレームを 上げるという選択もあります。

 

サイトマップ

宅配DVDレンタル お得サンタ服骨盤エクササイズ傷まない 白髪染めランニングウエア 女性クレイ洗顔地下足袋 スニーカー豆乳 作り方ウィッグ おしゃれ
Xoopsインストール